沖縄県学校給食会 物資案内

busshi_logo.jpg

一般物資

 学校給食は成長期にある児童生徒の心身の健全な発達に資するため実施されるものであり、それだけに学校給食で使用される食品は品質的に優れ、かつ衛生上安全なものでなければなりません。学校給食関係者にとっては常に食品の良否を適格に識別し、子どもたちが安心してたべられるような食品の確保が最も大切なことです。学校給食会では食品の選定を適正に行うため次のような基準により食品の選定を行っています。

・ 物資委員会(学校給食実施校、栄養士会、給食センタ-、県衛生機関、県教委、学識経験
 者、県P連、給食会で構成)において栄養、成分、規格配合、価格等を充分検討し適正で
 あると判定された食品。
・ 原則としてJAS規格認定の食品であること。JAS規格が設定されていない食品につい
 ては公機関の検査証明、成分表を提出させ適正であると判定された食品。
・ 食品検査室の細菌検査及び鮮度、成分、規格試験を経た食品。

※ 取扱一般物資…缶詰類、調味料類、雑穀類、乾物類、ジャム類、漬物類、種実類、乳製品
 類、冷凍素材品、冷凍調理品



 学校給食で地産地消※を進めることは、子どもたちに地域の農水産業を理解させるとともに、地域の伝統的な食文化の継承にもつながります。本会では、年間に数品を目途に新規の地場産品を取り扱っていく予定です。

※地産地消…地産地消とは「地域で生産された農水産物を地域で消費する」という意味の言葉です。

ken_eiyo.jpg



 本会は、九州・中国地区の学校給食会と連携して缶詰や冷凍野菜類等の共同購入を実施し、スケールメリットを生かして保護者負担の軽減や、農薬の残留試験、放射能検査等を行い、安心、安全な物資の供給に努めています。
この共同購入は国から譲渡された基幹倉庫を旬の時期に大量一括購入する物資の保管に利用し安定した物資の供給にも寄与しています。



 給食会の物資供給価格は年間、または学期ごとに低廉で安定的な価格を設定し、県教育委員会に届け出て、離島を含むすべての学校に同一価格で供給しています。


r_01.jpg
沖縄:近海の魚

bu_kihon_a.jpgbu_kihon_a.jpg
bu_kihon_t_a.jpgbu_kihon_t_a.jpg
bu_ippan_b.jpg
bu_ippan_t_a.jpgbu_ippan_t_a.jpg

cock_04.jpg